緊急時の対応について

緊急時の対応について

       

台風時・特別警報発表時における対応について

       

(1) 生徒が在校中に暴風警報の発表、または特別警報による避難勧告などが発表された場合においては、授業・部活動などを中止し、安全を確認し、あらかじめ定められた方法に基づき、速やかに下校させる。

           

(2) 生徒が登下校中に暴風警報または特別警報が発表された場合においては、安全を確認し、あらかじめ定められた方法に基づき、速やかに帰宅する。

           

(3) 生徒が在宅中に「学校のある地域」(注1)、もしくは「自宅のある地域」に暴風警報または特別警報が発表された場合は自宅待機とするが、解除された場合は以下の通りの対応を取ることとする。

                                                 
午前6時30分までに解除された場合 平常通りの授業を行う
午前6時30分から午前10時00分までに
解除された場合
解除された時刻より3時間後に当日の授業を始める
午前10時00分を過ぎて解除、または解除されない場合 当日の授業を中止する
           

 ※ 午前授業日の場合は、始業時刻までに暴風警報または特別警報が解除されない場合は授業を中止する。

           

 ※ 警報等が解除された後、授業を行う場合でも、交通機関の故障、道路、橋の破壊、道路の冠水、河川の氾濫等で登校が危険と判断された場合には登校には及ばない。

           

 ※暴風警報または特別警報が発表され、生徒の安全確保に必要と判断された場合に学校ホームページ、保護者向け「classi」においても情報を発信する。

           

(注1)「学校のある地域」
暴風警報の場合:「尾張東部」をさす
特別警報の場合:「名古屋市」をさす 

インフルエンザに罹患時の措置について

2018年よりインフルエンザ等の学校感染症に罹患された際の手続きの仕方が以下の通りに変更いたしました。

インフルエンザの場合

罹患したと診断されたら、学校へ連絡下さい。出席停止期間を経て、再登校する前に、「インフルエンザ罹患報告書」を医師もしくは保護者に作成していただき、ご息女を通じて登校日の初日の朝、教室に入る前にHR担任に提出していただきます。

※インフルエンザにおける出席停止期間
学校保健安全施行規則19条2項によると、インフルエンザによる出席停止期間の基準は「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」とされています。

◆学校指定の「インフルエンザ罹患報告書」はこちらからダウンロードしてください。

インフルエンザ以外の感染症の場合

罹患したと診断されたら、学校へご連絡下さい。医師から指示された出席停止期間を経て、再登校する前に、「登校許可証明書」を医師に作成していただき、ご息女を通じて登校初日の朝、教室に入る前にHR担任に提出していただきます。
(病院の形式でも結構です。)

◆学校指定の「登校許可証明書」はこちらからダウンロードしてください。